075-932-5161

[平日・土曜日] 9:30~22:30 [日曜日・祝日] 9:30~19:00

お問い合わせ・ご予約

トップ > Pinos Happy Voice

Pinos Happy Voice

股関節の痛みが・・・

矢田 三枝様 9年2ヶ月

2020年10月26日

以前から股関節の痛みに悩まされていました。
整体や整骨など色々と通いました。
整形外科の先生からは人口股関節の手術を進められましたが、とにかく嫌で、手術だけは避けたいと思いながら、トレーニングをしていました。

コロナ禍で自宅にいる時間が多くなり、痛みがひどくなってきたように感じました。
ピノスが再開された後に、いつも通りトレーニングをしている時に、前田コーチに、
「もう、手術します!」と言いました。
すると
「あと1ヶ月待ちましょう。脚力アップスクールに入ってください!」と言われました。
担当がいつもお世話になっている山﨑コーチだったこともあり、とにかく1ヶ月間入ってみようと思いました。

筋肉をゆるめることと筋肉を鍛えることを陸上とプールで行うスクールが脚力アップスクールです。
担当の山崎コーチが厳しく♡、心が折れそうになりながらも私の為に言ってくれているんだと思うのですが、
スクールの日の朝は「あ~また頑張らなあかん。。」とイヤイヤ来ると、
スクールのお友達に励まされ、楽しくレッスンを受けることができます。
帰る時には痛みも楽になり、「あ~やっぱり来てよかった!」と思えます。
その繰り返しでした。
その結果、股関節の痛みが随分とましになり、痛みが気にならないくらいになりました。
病院の先生も驚くくらいの状態になりました。

水中ウォーキングの横歩きなど効果的な指導のお陰で、手術を回避できました!
愛犬の「きなこ」のためにも健康で長生きできるように、厳しい♡山﨑コーチの指導の下これからも頑張りたいと思います!

矢田さんが受講中の「脚力アップスクール」の詳細はコチラをクリック!

気分転換が、今では私の充実した趣味に

矢田 陽子様 3年1ヶ月

2019年03月01日

 気分転換にとキッズスイミングの保護者対象の 「月4登録」を始めたのがきっかけで入会をしました。元々体を動かすことが好きでしたが、本格的な運動経験はありませんでした。最初は月4登録でしたが物足りなくなり、フィットネス会員に変更しました。
 ピノスで多くのご年配の方が頑張っておられる姿を見て、私もせっかく来たからには目標を立てて頑張ろうと思うようになりました。
 それから、月4登録をしている夫とフルマラソンやハーフマラソンに出場するようになり、その度に記録が伸び、もうちょっといけるんじゃないかという気持ちになりました。マラソンが楽しくなると、ランニングには上半身の筋力も必要だと感じ始め、今ではジムで5キロランとウェイトを交互に組み合わせたトレーニング、さらに夏にはプールで200~300m泳いでいます。マラソンのタイムが上がってくると、トレーニングだけではなく食事にも気を配るようになり、「アスリートフードマイスター」の資格まで取ってしまいました。
 子育てと仕事をしながらジムへ通うのは大変かと思いましたが、実際には子供と遊ぶ体力がついた事や、陸上をしている子供と一緒に練習したり、アドバイス等、コミュニケーションもとれて良い事の方が多かったです。
 次は京都マラソンに出場したいので、今より10分早いタイムを意識してトレーニングに励んでいます。

みんなの元気が私の元気!

林田 豊様 5年2カ月

2019年02月01日

ピノスに入会したきっかけは、長女が通っていたので紹介してもらいました。もともと学生時代、陸上の100m、200mやハンドボールでも
国体に出場したりとスポーツがもともと好きで、のめり込むタイプでした。
 ピノスに通うようになってからは風邪も引かなくなり今でも悪い所は1つもありません!膝も痛むことなく姿勢もいいので、これからも維持して行けるようにしたいと思っています。
 日課として孫の送り迎えをしているのですが、孫がいきなり走り出しても追いかけたりできるのは元気だからこそだと思っています。
私は若い頃に大きな病気をしましたが、後遺症が残ることなく体を動かせるのは、本当に幸いだったと思います。
 ピノスでは、みんなが元気にトレーニングしているのを見ながら同じ環境で出来ることが、すごく好きです。自分のやる気にもなりますし、刺激をもらいながら日々トレーニングが出来ています。
 ジムではマシンを一通り、脚、腕、背中を中心に細い筋肉を使うマシンもしています。同時にダンベルもしていて、今では片手で12キロを持ち上げることができるようになりました。その他にも定期的に体脂肪や筋力、自転車を使って持久力などの測定をしており、自分の身体がどういう状態なのか、前回と比べて維持できているかなど把握できるようにしています。それに合わせてトレーニングメニューを変更してもらったりして楽しみながら体を動かしています。