075-932-5161

[平日・土曜日] 9:30~22:30 [日曜日・祝日] 9:30~19:00

お問い合わせ・ご予約

トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

休館日

毎月1日・11日・21日・月末最終日が休館日です。曜日がバラバラなので、嬉しいとおっしゃっていただく方が多いですが、間違って来られる方もちらほら。
ピノスの休館日は近所の銭湯に会員様が多くいかれるようです。

8月31日・9月1日は連休です。

2日間でしかできない工事をこの時に合わせて行っております。プールの防火扉を新しい物に取り換えています。25年前に設置し、錆や劣化で調整では法定基準をクリアできず、交換になりました。コロナで大変ですが、法令遵守、安全第一で考え、交換しています。
また、プールのシャワーのポタポタが止まらず・・・こちらもコンクリートの中に埋め込まれている本体の劣化で、コンクリートを削って本体を交換しています。
いずれも1日では不可能な工事です。25年経過すると色々と・・・・・

西田コーチは出勤し、ロッカーの扉の補修をプロ顔負けのテクニックで、一心不乱に。約5時間かけて綺麗にしてくれています!あまり気づかないところですが、指を切ってしまう恐れがありますので。きっちり丁寧に補修をしています~

うれしい、お手紙。

 先日、また嬉しいお手紙(絵はがき)を
頂戴しました。

『やまさきコーチ(^O^)/』
とジムの前で声をかけてくださいました。

『前から痛めていた膝に水が溜まり痛い
時があるの・・・。』
と相談して来られました。

聞いてみると、ストレッチをしたり
水中ウォーキングを頑張って
おられるご様子でした。

いつもと調子が違う時は、特にその部分
を緩めてあげる事が必要です。
膝関節を緩めるストレッチと
水中歩行の歩き方をジムの人工芝で
並んで歩きました(笑)

こんなに美しいおハガキをいただいて
私の方こそ、感謝♡感謝‼です。

今後も皆さまの痛みが少しでもらくに
なるよう、もっと快適に楽しく過ごして
頂けるように勉強してまいります(*'ω'*)



今年の夏にはご用心

連日の猛暑日が続いております
数日前は、低気圧の関係でまるで梅雨空が戻ったかのような日が続きました
気温は低いので、夜も寝やすかったのですが
そのあとに戻ってきた高気圧
外に出るだけで、危険な暑さです

『熱中症警戒アラート』
最近、よくニュースなどでも耳にします
気象庁と環境省が特に暑さに気を付けてほしい時に呼びかける注意情報です
文字通り、熱中症に警戒してくださいという情報です

熱中症とは
体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働くなったりして、
体温の上昇やめまい、けいれんや頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと
(公益社団法人 全日本病院協会のホームページより)

熱中症になる原因はいろいろありますが、やはり今の時期のように
気温がぐっと急に高くなった期間は要注意です

運動をして、体力をつけ、
体力があるからと過信せずに
しんどい時は無理をせずに休養を積極的にとる方が良いと思います

水分、塩分補給はこまめにしてください

ピノスでも塩飴や梅干しを販売しております

マスクをしての水分や塩分補給は何かと面倒かもしれませんが
自分の体調は自分が一番よくわかると思いますので
自分自身と向き合い、この夏を元気に過ごしていただけたらと思います





環境省の熱中症予防情報サイトはこちらをクリック

ココロ、カラダをほぐす。

ピノス洛西口のスタジオインストラクターの西川さん、おススメの「ほぐせバー」。動画まで作成してくださいました!!
どこをどのようにほぐせばいいのかが一目瞭然!!
ぜひ、ご覧ください!!


自分のペースでいいよ!(^^)!

小学校3年生の女の子(^^)

体験の前にお母さまが心配でお電話くださいました。
『小さい頃に、他クラブで体験された時に
嫌な経験をされたそうです。
それがあって未だに水に顔を付けることが
できないんです・・・』
とお話ししてくださいました。

当日は、とても笑顔のステキな女の子(*^_^*)
プールに入って“キョロキョロドキドキ”
の様子です。

お顔つけのとき、クラスの皆がするので
緊張の面持ちでやろうとされました
『〇〇ちゃん、無理にしなくていいよ!』
と声をかけました。
少しホッとした様子!

『今度は3秒ブクブクするよ~』

『おくちでブクブクできる人』
『お鼻でブクブクできる人』
『お顔つけできる人』
『頭まで潜れる人』
『できるのやってみよう(^^)/
  よーいどん! 1・2・3』

と繰り返しやっていると
少しづつできるようになって
最後は潜るところまでできるように
なられました!(^^♪
ご本人も、どんどんできる自分に
笑顔で楽しそうでした。

ピノスは、その子に合わせた指導と
自らやってみる!気持ちを育てます。

表情をみて、怖がっていないか?
無理していないか?
楽しんでいるか?
を見極めその子に合った声かけを
して行きます。

そしてできたら『できたね~!』と
声をかけています。
こういった指導は少人数定員制
だからこそできる指導だといえますね。

もし不安なことがございましたら
担当コーチまでお話くださいませ(^_-)-☆

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事

アーカイブ