075-932-5161

[平日・土曜日] 9:30~22:30 [日曜日・祝日] 9:30~19:00

電話受付時間 | [平日・土曜日] 9:30~21:30 [日曜日・祝日] 9:30~18:00

お問い合わせ・ご予約

トップ > スタッフブログ > 紅葉をみにいこうよう 2021

スタッフブログ

紅葉をみにいこうよう 2021

ツイートする

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま こんにちは ふくもりでございます
11月も気がつけば、あと数日となりました
本当に光陰矢のごとしとはこの事かと

ふくもりが紅葉をみにいこうようと
先日、訪れた寺院を2つ紹介したいと思います

一つ目は『宝厳院』
「ほうごんいん」と読みます
嵐山の天龍寺の塔頭寺院のひとつですが
とても素晴らしい庭園を有しておられます

ライトアップの期間に訪れましたが
数年前はわりとひっそりとしていたのに
若者達の長蛇の列が・・・・

これは何かのイベントの行列ですか?と最後尾の方にお尋ねするも
「宝厳院のライトアップです」と

なんですとーーーーーー

まあ、若者がこういった形でもお寺にお参りに行かれるのは
いいことだと思います

中に入ると、たくさんの人がおられましたが
そんなことは気にならないほどの美しさと素晴らしさ!!

日本に京都があってよかった
とは、まさにこのことだと実感しました

天気もよく月もきれいに見えていましたので
紅葉と寺院の厳かさとライトアップの美しさとが
相まって、まさにそこは極楽浄土










宝厳院についてはここをクリック



もう一つの紅葉をみにいこうようは
『妙顕寺』
「みょうけんじ」と読みます

妙顕寺・妙覚寺・妙蓮寺とで『まるごと美術館』というイベントをやっておられます
ふくもりは妙顕寺に行きました
通常非公開の場所が春と秋のみ拝観できます
京都の伝統工芸品や美術学生の作品も展示してありました

全て素晴らしかったのですが
中でも心を奪われたのは、樹齢400年の赤松
京都で史上最も被害の多かった天明の大火
京都市内が焼けてしまった大火災です
御所や二条城も焼けてしまったこの大火事で
なんと!この赤松は焼けることなく残ったそうです

だからなのか、とても強いエネルギーと包容力を感じました
日常のちっぽけなことなどどうでもいいかと
思えるくらい大きな赤松がどーんとそこにはいました

横には樹齢200年の黒松もありました

生きる力がそこにはありました








妙顕寺はお庭が4つありますので、それぞれにちがった趣を楽しむことができます

これを書いているうちに、また行きたくなりました

私はご朱印集めはしていないのですが、
妙顕寺のご朱印をみるとほしくなりました
字体が独特なのですが、その宗派でないとその字体でのご朱印は拝受できないと聞いたことがあります
そんなことを言われると、ますます拝受したいですけど(笑)


妙顕寺についてはここをクリック


運動をして元気に過ごして、また紅葉をみにいこうようと
思うふくもりでした

記事一覧へ戻る

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事

アーカイブ