075-932-5161

[平日・土曜日] 9:30~22:30 [日曜日・祝日] 9:30~19:00

電話受付時間 | [平日・土曜日] 9:30~21:30 [日曜日・祝日] 9:30~18:00

お問い合わせ・ご予約

トップ > スタッフブログ > 水泳の難しさを楽しむ

スタッフブログ

水泳の難しさを楽しむ

ツイートする

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

寒暖の差が激しい季節です。
三寒四温の季節です。

水泳をされている方には、
得意な季節です。
水泳の前後で、日々寒暖の差を体感されているからです

温度調節機能が高いので、
このような季節でも、免疫力が低下せず、
健康でいることができます。


水泳で一番難しいことは力を抜くことです。
特に水中動作では力が入ります。
スクール中に、ストロークのサポートをすると
私の肩が脱臼してしまうのでは?というくらい
全力でかいている方に出会うときがあります。

水泳は力はいりません。

クロール・背泳ぎは「でんでん太鼓」です。

胴体をブラブラと動かすと

腕・脚が勝手にブラブラと動きます。

腕と脚がリラックスしているとそのようになります。

腕と脚はムチの状態です。

胴体で生まれた力を腕と脚に伝え、

腕と脚のフィニッシュの時にだけ、少し力を入れます

そうすると、ムチの先が勝手に速くなって

パワーがでます。

そのようなイメージです。

文字にすると難しいですが、
ムチの先が走る=プルのプッシュとキックのしなりになります。


ん~なかなか伝わらないですね。
難しいです。

胴体(体幹)をブラブラ(ローリング)させたついでに
プルとキックを少し頑張る。

そのような泳ぎを目指したいです。

一度、水に浮かんで、ブラブラしてみてください。
力が入っていることに気づかれると思います。

ぜひ。

記事一覧へ戻る

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事

アーカイブ