075-932-5161

[平日・土曜日] 9:30~22:30 [日曜日・祝日] 9:30~19:00

お問い合わせ・ご予約

トップ > スタッフブログ

スタッフブログ

着衣水泳

水辺に近づく夏になる前に、ピノススイミングスクールは、水難事故に合わないよう、この時期に毎年、安全水泳レッスンを実施しています。
キッズスクール生は、各自ご自宅から服を持ってきて頂き、着衣の状態で、プールへ入ります。服の状態だと子供たちは、こう言います。

「身体が重い」「服が身体にまとわりつく」「脱げそう」「水着のように泳げない」こう言った経験が安易に水辺に近づいてはいけないという
勉強になります。

次に、溺れたときは、泳ぐのではなく浮いて助けを待つ勉強をします。
服を着たままの浮き方があります。ピノスっ子は、何年か在籍していると、水難事故にあった時の浮き方を自然と出来るようになっています。






一回経験したら良いのではなく、定期的に実施し、身体に形を染み込ませておくのが重要です。
子供たちだけでなく、ピノスに通う大人の方や、小学校にも出張して、着衣水泳レッスンをピノスは行っております。

ピノスの会員の方や地域の方が水難事故に合わず、楽しい夏を過ごせることを願っております。

西本

バタ足のポイント

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

もう6月ですね。
春になった〜と思ったら急に夏に。
夏になってしまった〜と思ったら梅雨に。
気候もよく分からないですね。

人間はその気候に合わせて生きて行くしか
ありませんね。

水泳も同じですね。
水にあわせていくしかありません。

水に逆らっても意味がありません。
水に身を任せて、ゆらゆらと・・・
落ち葉がゆらゆら落ちていくがごとく。

バタ足も同じです。
足首はゆらゆらさせることが大切です。

「もっと前にすすみたい」
「もっと早くすすみたい」
という欲が強すぎると、足首が硬くなり
結局、渦を起こすことができず、
水とけんかをしてしまい、進みません。

コツは足首をゆらゆらです。

一度プールで浮かんで、ゆらゆらと足首を
してみてください。
それだけでは、あまり進みませんが、
足の甲〜足首のところに水がまとわりつく
ような感覚が生まれます。
ぜひ、試してみてください!

「よ〜し!感じてやろう!」とやる気に
なればなるほど、水は逃げます。
「水さんよろしくね〜」
「水さんお邪魔します」くらいの謙虚さで
試てみてください。
何か感じると思います。

水泳の上達に必要なこと

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

新しい元号「令和」はじめのレッスンを
行いました。
元号のはじめは「大化」だそうです。
そう、あの「大化の改新」です。

令和はじめの水泳レッスンをさせていただき
光栄です。

「しあげのバタフライ」という

GW特別レッスンを行いました。
お昼時にも関わらず、20名を超すお客様に
お越しいただき、嬉しく思いました。
ありがとうございます。

参加者の方々は、
GWなので、様々な方でした。

・成人スクールの初級の方
・成人スクールの中級の方
・成人スクールの上級の方
・マスターズ水泳大会の出場者
・メンバーズレッスンしか受けていない方
・レッスンは初めての方

バタフライ歴も様々で、
3カ月前にはじめて・・・の方から
20年以上の方まで。

皆様の泳ぎを見て感じた3つのこと。
1:もっと楽に泳ぎたいという情熱
2:もっと綺麗に泳ぎたいという熱意
3:とても素直な泳ぎをされている

「情熱」「熱意」「素直」この3つです。

今までも、様々なコーチから様々なアドバイスを
受けて来られて、それを素直に受け止めておられる
と感じました。
なぜ、そう感じたか?

皆さん、同じような泳ぎをされていたから。
ピノスでは、コーチ同士の泳ぎをビデオで撮影し
互いの泳ぎの改善点を指摘しています。
また、自分の泳ぎも客観的に見ています。

そして、初級でのバタフライはこういう泳ぎ。
中級はこういう泳ぎ。
上級はこういう泳ぎ。
というように映像を通して、イメージを共有しています。

コーチの表現はそれぞれですが、
目指している泳ぎのイメージが共有されています。
今回、様々なレッスンを受講されていても
泳ぎがそっくりでした。

そこに皆様の「素直さ」が見えました。

逆に、泳ぎが上達しない場合は
コーチの責任だな〜と気持ちが引き締まりました。

泳ぎにおける「素直さ」とは
コーチの言ったとおりに、とりあえず
「やってみる」ということです。
そして、「やってみたけど、上手くできない」
「でも、気長にやってみよう」
「ま〜その内できるやろ」と思うことです。

「できない、できない」と言ってるだけでは
いつまでたってもできません。
とりあえず、やってみる。
やり続けてみる。が上達の近道です。

「あのコーチとあのコーチの言っていることが
違う!どちらが正しいの!!」と昔は
よく言われました。

答えは、どちらも正しい。です。
なぜか?
目指す泳ぎをコーチが共有しているから。

水泳に対して、情熱・熱意・素直さを
もっておられる方は、必ず、上達します!

楽しく、マイペースで頑張りましょう!

令和の時代もよろしくお願いします。

ピノスの成人水泳教室にご興味のある方はコチラをご覧ください。

エイベックスダンスマスターレッスンレポート!

ピノスダンススクール“エイベックスダンスマスター”レポートです。
ダンスをされたことがない方に、どのようなレッスンがされているか
レポートしてきました。簡単に流れを説明させて頂きますと、
@ストレッチ
怪我をしないよう、また身体が柔らかい方がダイナミックに動くことができるので、ストレッチは大事です。
Aアイソレーション
身体の一部分を動かす練習です。胸や、首、肩など一つずつ動かします。
Bリズムトレーニング
音楽のリズムに合わせて動けるように練習します。リズム感がつきます。

そして、最後は振り付けになります。一つの動きができたら、次の動きを覚え、それをつなげていくというものです。正しく動くことももちろん、頭で振り付けを覚えることも脳のトレーニングになります。



8月には、エイベックス主催のダンス発表会“KINGDOM”が大阪のオリックス劇場で開催され、ピノスも参加します。毎年、受講生の成長が見られるので、今年も楽しみにしています。

西本
ピノスも参加します。

沢山食べた後は・・・

こんにちは!フロントの平井です。

GW直前となりましたが、お出かけの予定は立てられましたか?
バイキング大好きな私はグルメ情報をリサーチしております。
GW特別プランが開催される飲食店やホテルが色々ありますよ♪

そして、沢山食べた方にオススメなレッスンは・・・
楽しみながら有酸素運動ができるエアロビクス!
なかでも一人用トランポリンを使用したプログラム、
「ユーバウンド」はいかがでしょうか?
アップテンポなミュージックで心とカラダが自然と弾みます!



   脂肪燃焼☆体幹強化☆


皆さまオススメのグルメ情報がありましたらぜひ教えてください♪

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事