スタッフブログ- レッスン -

平泳ぎ

2018.07.10

ツイートする

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

四泳法
バタフライ・背泳・平泳・クロール
この4つの中で、最もパワーがある泳ぎ。

それは、
平泳だそうです。

でも、1番タイムが遅い。
どういうことか?
水の抵抗が大きいからです。

四泳法の中で私が考える
1番難しい泳ぎは・・・
平泳ぎです。

なぜか?
足首・膝・股関節・肘など
様々な関節を時間差で曲げ伸ばしをするから。
頭でイメージしてみてください。
伏浮きの状態→すべて伸びています。
そこから、肘が曲がり、股関節が、膝が、足首が・・

時間差で曲がったり伸びたり。
考えると全くできません。

おススメは、「太極拳平泳」

顔をつけたままで、平泳ぎをゆっくり泳ぎます。
1スイムに10秒くらいかけて。

これは、現役時代に宮里藍選手がされていた
太極拳スイングからヒントを得ました。
1つのスイングに5分かけるそうです。
理由は
「ゆっくりな動作だと誤魔化せない」とのこと
「正しい動作に気づき身体で覚える」

一度、太極拳平泳ぎをしてみてください。
自分のできていないことに気づきます。


先日、着衣水泳をしました。
着衣のまま泳がなければいけない状況に
なった時(泳がず浮かんで救助を待つが基本)
適した泳ぎが・・・
【エレメンタリーバックストローク】です。

上向きで、足は平泳ぎ、腕は水中で両手同時に
水をかきます。水上にあげることは厳禁です。

平泳ぎが出来ている方も苦戦されていました。

記事一覧へ

初めての方はこちら

館内の映像

WEB入会

たけちゃん4さいスイマーになる

ピノス1日体験

施設見学

Pinos Happy Voice

無料送迎バス

健康寿命をのばそう!

2018年07月

2018年4月〜9月

最終更新2018年09月22日