Pinos Happy Voice

2019.02.01

みんなの元気が私の元気!

林田 豊様  5年2カ月

ピノスに入会したきっかけは、長女が通っていたので紹介してもらいました。もともと学生時代、陸上の100m、200mやハンドボールでも
国体に出場したりとスポーツがもともと好きで、のめり込むタイプでした。
 ピノスに通うようになってからは風邪も引かなくなり今でも悪い所は1つもありません!膝も痛むことなく姿勢もいいので、これからも維持して行けるようにしたいと思っています。
 日課として孫の送り迎えをしているのですが、孫がいきなり走り出しても追いかけたりできるのは元気だからこそだと思っています。
私は若い頃に大きな病気をしましたが、後遺症が残ることなく体を動かせるのは、本当に幸いだったと思います。
 ピノスでは、みんなが元気にトレーニングしているのを見ながら同じ環境で出来ることが、すごく好きです。自分のやる気にもなりますし、刺激をもらいながら日々トレーニングが出来ています。
 ジムではマシンを一通り、脚、腕、背中を中心に細い筋肉を使うマシンもしています。同時にダンベルもしていて、今では片手で12キロを持ち上げることができるようになりました。その他にも定期的に体脂肪や筋力、自転車を使って持久力などの測定をしており、自分の身体がどういう状態なのか、前回と比べて維持できているかなど把握できるようにしています。それに合わせてトレーニングメニューを変更してもらったりして楽しみながら体を動かしています。

2019.01.01

日々努力をし続けています!

高矢 順子様  10年7ヶ月

 入会したきっかけは、主人・娘が先にピノスへ入会しており、趣味のサイクリングの練習時に主人が、坂道を先に登る姿を見てピノスに通えば体力・持久力がつく事が分かり、負けたくない気持ちになり入会しました。
 当初は、ジムのみでしたが、プールにも足を伸ばし「はじめての水泳」のレッスンからスタートしました。初めは、浮く事も出来ず悔しい想いがありましたが、レッスンに入り続け、「やさしい水泳」「しあげの水泳」と入る幅が広がり楽しくなってきました。そこから、「成人スクール中級クラス」にチャレンジし、今では上級クラスで頑張っています。さらにプライベートレッスンも受講し、水泳を楽しんでいます。その結果もあって、以前は、身体をほぐすのに接骨院に通っていましたが、今では、接骨院に一切通わなくなりました。
 趣味の面では、バドミントン(全日本レディースバドミントン選手権大会・クラブ対抗)の全国大会に8年連続出場しています。
 サイクリングは「TANTANロングライド」という年に1度の100kmのサイクリング大会に主人と出場しています。年に1度ですが、ずっと出場できるように日々ピノスでトレーニングを続けて行きたいと思っております。
 今後の目標は、水泳のマスターズ大会で100m・200m個人メドレーに出場する事です。身体を動かす事が好きなので、ずっと続けていける様にこれからも「あきらめない」「ねばる」「自分に負けない」をモットーに努力して行きます。

2018.12.02

趣味が元気の秘訣

則包 修様  22年8ヶ月

 近くの高校に勤務していて家族でピノスに通い始めたのが20年以上前の話で、今は家内と2人で通い続けています。20年以上続けられたのは勤務先が定時制高校に変わり、朝から昼にかけて時間があり、朝からピノス、夕方から高校に勤務、土日はラグビーと一連の流れができたから続けてこられたのだと思います。
 入会して楽しい事は、たくさんの人と出会えた事です。頭に大怪我をして、リハビリの為にプールに通い、留学をした方が特に印象に残っています。今は連絡が取れずに残念です。退会された後でも声をかければご飯に行くなどの友人が出きました。定年まで定時制高校で勤めあげ、今は日本固有の「ランの栽培」「ラグビー」「ダイビング」に打ち込んでいます。まさに『文武両道』です。
 中でも30年以上続けているダイビングは毎年、石垣島まで行き潜っています。今では民宿のオーナーやダイビングショップのオーナーとも仲良くなり、石垣島から京都へ旅行に来られた時は、京都案内もするほど家族ぐるみの付き合いです。
 これからの目標と元気の秘訣は、趣味を充実させる事。ラグビーも続けたいが、特に続けたいのはダイビング!!石垣島に骨を埋めたいと思うほど。大好きな土地と海。そのダイビングを続ける為にも体力を維持するためにピノスにも通い続けたいです。