スタッフブログ- レッスン -

命を守るレッスン

2018.06.10

ツイートする

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

ピノス洛西口では、オープン以来
22年間継続していることがあります。

それは、【着衣水泳】です。

キッズスイミングスクールで継続しています。
地域の小学校へも出張レッスンしています。

毎年、この時期に痛ましい水難事故の話題が。
この地域の水難事故ゼロを目指し、継続して
レッスンをしています。

@溺れている人を見つけたら、
  ・自分で助けない
  ・大声で周りに知らせる
  ・ペットボトルなど、浮く物を
   投げ入れる
 (クーラーボックスはとてもよく
  浮かびます)

A自分が溺れたら
 ・その場で浮かんで救助を待つ
 ・ペットボトルなどを抱えて浮く

 ・服を着た状態では、どんな感じになるのか?
 ・服は脱いだ方がいいのか?
 ・どのようにすればよく浮かぶのか?
 ・ペットボトルはどのように投げるか?
 ・救助用のロープにどのように捕まるのか?
   などなど
経験を積むことで、万一に備えることができます。

このレッスンを通じて伝えたいことは、
危険なところへは近づかないこと。
自分と家族と身近な人の命を守るための
レッスンであることです。

みんな真剣に取り組んでくれています。

最近では、人命救助のドローンが開発
されています。そのドローンが今度
特別ゲストとして、ピノスへ来てくれます。

地域の方々へも「着衣水泳」を開催します。
ご家族の方々とぜひ、ご参加ください。

お待ちしています。


記事一覧へ

初めての方はこちら

館内の映像

WEB入会

たけちゃん4さいスイマーになる

ピノス1日体験

施設見学

Pinos Happy Voice

無料送迎バス

健康寿命をのばそう!

2018年07月

2018年4月〜9月

最終更新2018年08月18日