スタッフブログ- レッスン -

オリジナルバタフライ

2017.09.10

ツイートする

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月10日はマエダの日の店長の前田です。

8月
3回レッスン体験を開催しました。
2名のご参加でした。
1名の方は「50mクロール」を
泳がれました。
1名の方は「顔付けクロールを10m」
泳がれました。

お二人を拝見して、
何か新しことに挑戦すること
できないことができるようになること

このことは人生を楽しくできるのだと
感じました。

10月から
新しい1年間カリキュラムが始まります。

新しいことに挑戦されるには
今がちょうどいいタイミングです。

1年間カリキュラムの前に
10月1日バタフライチャレンジを開催します!

上級の方は750m
中級の方は 5分間
初級の方は 50m です!

ホームページでご報告します。

上級の方々は30分泳げた!
750m泳げた、1時間泳げたなど
コツコツと練習を積み重ねておられます。

守・破・離(しゅはり)の法則があります。

守=マニュアル、基礎を習得し
    それを繰り返して身につける段階

破=その基礎から自分らしさを少し出す段階

離=基礎から離れて自分流を表現する段階

歌舞伎などの古典芸能で言われているそうです。

今のピノスの上級バタフライは
「離」の段階に来ていると思います。

「こうしたら物凄く楽に泳げる」
「私はこうした方が楽に泳げる」

状況に応じて洋服を替えるように
状況に応じてバタフライのフォームを替えて
おられます。
器用さが高まっています。


自分オリジナルのバタフライができつつあります。

いつか、
私のバタフライというテーマで
プレゼンテーションができれば楽しいです。

ピノスのバタフライに・スクールにご興味の
ある方はコチラをご覧ください。

http://www.pinos.co.jp/school/adult.html#adult_219

記事一覧へ